ウチの子です。

「何の前情報も無しに飲んだとしても、女性が造ったとわかる可憐でやさしいワイン。」

今年になってナチュラルワインの勉強のためにいつくか本を買いました。そこに載っていた女性ヴィニュロン(生産者)、ノエラ・モランタンのこの紹介文に惹かれて個人的にぜひ飲んでみたいと思っていたワイン。

飲みたいと探していた矢先にちょうどインポーターさんから案内が。もちろんすぐに仕入れ。

IMG_7369
ワインの色は濃いめ。少しダークな、濁りのある外観です。

おお!香る!鼻の奥がスーンとするようなフレッシュで、なんともジューシーなアロマ。厚みもあってみずみずしいカシス感。

そして、可愛らしい。なぜか香りからそういう印象を受ける。
全体的にリッチなアロマなのだけど、どこかチャーミングで繊細。まさに女性的。アイドル的な可愛いさとは違う、エレガントな美人のイメージ。

アタックも優しい。丸い。
濃さのあるエキスながら渋みは少なく、でもブドウの皮の味はしっかりと。ガメイらしさか、濁り由来からか、皮感ありますね。
ジューシーで厚みがある。ガメイの厚みと柔らかさ。チャーミングでエレガント。
温度が上がるとますますジューシーに!でもクドさは感じなくて、あくまでエレガント。冷涼感があるのかな。

そしてやっぱり優しいワイン。「どんなワイン?」と聞かれたら「優しい味わい!」と答えたくなる。ワインの要素の端々に女性的なやさしさを感じる。
確かにあの紹介文しかないでしょう。そう納得の香りと味わい。

あと一、二年寝かせてもう一度飲んでみたい。
この女性的な優しさがどんなふうに変わってゆくのか。きっと美味しいハズ。

FullSizeRender
コルクもエチケットのハートに花のデザインが。かわいい。